配偶者の不貞に対する慰謝料請求の相談でよくある質問の一つが,「この証拠で慰謝料取れますか!?」という質問です。
相手の資力もかかわってくるのですが,ここでは資力の話はいったん置いといて,不貞の証拠についてお話します。

一番は,男女関係そのものの事実の記録,つまり性行為の写真やビデオです。ぶっちゃけこれがあればほぼ立証できます。
ただ,不貞と言うのは密室で行われるわけですから,このような直接的な証拠があることはほとんどありません。
最近よくあるのが,会う日を決めていたり,仲良くやりとりしているLINEの履歴です。
ですが,よほど性行為があったことをにおわせる内容でない限り,LINEの履歴だけで立証していくのは心もとないです。
もちろん,LINEの履歴が証拠として使えないわけではありませんが,
これに加えて,
2人でホテルや自宅に入っていくところ,と出てくるところ,つまり一定の時間を二人で過ごした証拠(写真など)が欲しいところです。
とはいいつつ,ご自身で尾行したりホテルで待ち伏せするというのは現実的には難しく,不貞の現場を抑えるには,プロである興信所に依頼することが一番確実です。
興信所を使う一番のネックは費用です。最低20万,依頼の仕方によっては100万円を優に超えることがあります
ですから,調査を依頼するときは,夫や相手女性のできるだけ鮮明な写真を事前に渡す,日常生活のパターン,例えば退社時刻や不貞の行われる大体の日時や場所など,できる限り詳細な情報を興信所に示して,経済的に無駄のないように,かつちゃんと証拠が取れるように調査をしてもらうことがポイントです。
なお,弊所では,全国で支店展開している実績のある探偵事務所と提携していますので,割引料金で興信所の調査を利用することが可能です。興信所利用希望の方は,ご相談の際におっしゃってください。

nakamahayato