【解決事例】【不倫】【慰謝料】不貞慰謝料500万円の請求を120万円まで減額に成功!

依頼者 女性30代 会社員
相手方 女性30代 専業主婦 子ども1人
【経緯】
依頼者は会社の上司の男性と不倫関係を持ち3か月程度関係を継続していたところ,男性の妻(相手方)に発覚。突如相手方の弁護士から
500万円の慰謝料を請求する通知書が依頼者の勤務先の会社に届き,電話でも再三支払いを催促され困惑した依頼者が,当事務所に相談に訪れ,受任した。
【対応】

会社に連絡を取ってきた対応はプライバシー侵害や名誉棄損といった二次被害の恐れがあることから,即日受任通知を送り,同書面で第三者への接触禁止を要求した。
そのうえで,相手方代理人と慰謝料の減額交渉を開始。
相手方代理人と速やかに連絡を取り,請求額が相場に照らし高額であること,関係が短期間にとどまること,依頼者が関係解消を申し出ていたこと,など減額事由を積極的に主張し,1か月後,和解成立。
 
【結果】
120万円を一括で払う内容で和解を成立させた。
【ポイント】
職場の同僚同士の不貞関係でしたので,会社に発覚する前に早期に解決する必要がありました。また,慰謝料請求額が明らかに高額すぎる金額でしたのである程度まで減額できることは想定できました。
速やかに介入し,積極的に減額事由を主張したことで大幅に減額し,早期解決が実現できました。
nakamahayato