【不倫】【慰謝料】浮気に気づいたらまずどうする? 不貞慰謝料を請求する時の注意点

自分の夫/妻が浮気していたことに気づいてしまったら・・。

親や兄弟,友人など身近にいる人には知られたくないという方は,まず弁護士に相談してみてください。弁護士に話を聞いてもらっただけでほっとすることもあるでしょう。

さて,心の整理がついた方は,不貞慰謝料を請求する際注意しておくことがありますので,以下の点にご注意ください。

 

①証拠を確保する

不貞をした人が,不貞を素直に認めることはほとんどありません。言い逃れができない証拠を突き付けて初めて不貞を認めます。写真,メール,電話の履歴,ホテルのレシート・・。気になったモノはすべて取っておきましょう。

また,お話合いの中で不貞を認めて謝罪する,ということもありますから,そういった発言を録音しておくとこれも証拠になります。

②相手方の住所,連絡先を確認する

不貞行為の相手方に慰謝料を請求するには,書面を送るには住所を知っておく必要がありますし,電話をするには電話番号,メールを送るにはメールアドレスが必要になります。勤務先を知っておくと,給料を差し押さえる際に有益です。

③本当に慰謝料を請求してよいかどうか,今一度考えてみる

子どもが小さくて自分と子供一人では生きていけない・・など離婚することに躊躇する方はたくさんいらっしゃいます。そういった迷いを持っている中で,夫の不貞を追及したり,相手に慰謝料を請求してしまうと,それがきっかけで夫婦関係が悪化することもありえます(逆に不貞相手との関係解消を約束させることで不貞を終わらせることもできたりしますが)。

離婚はしたくないけどこのままでは許せない,夫(妻)に謝罪して欲しい,誓約書を書いて欲しい,相手に夫(妻)と別れてほしい,相手には慰謝料を支払って欲しい・・。そういう請求をすることで,夫婦関係が悪化するのは避けたいと考えるのか,夫婦関係が悪化しても仕方ない,ちゃんと責任を取ってほしい,と考えるのか,よく考えてどの道に進むのか考えてみましょう。

 

 

nakamahayato