【解決事例】不貞慰謝料を請求され,減額して2週間で解決しました。

【経緯】
依頼者A(30代男性 会社員)は,既婚者B(女性,30代)と居酒屋で知り合い,

夫婦関係の相談に乗る関係だったところ,

自らが離婚したことをきっかけに,月1回程度会うようになり,半年で2回だけ肉体関係を持った。

Bの夫に発覚し,三者の話し合いの末,関係解消。

その1週間後,Bの夫の代理人弁護士から200万円の慰謝料を請求する内容証明が届いた。

【対応】
受任のその日に受任通知を送付。

相手方代理人と速やかに交渉に入り,着手から2週間で和解。
【結果】
200万円の請求に対し,解決金140万円(一括)で和解することができた。
【ポイント】
Aさんは,精神的に疲弊しておられました。不貞関係を持ったことを全面的に認め,可能な限り早期に円満に解決したいというのがAさんのご希望でした。早期解決を重視し,こちらからある程度高めの金額を最初から提示し,速やかに解決することができました。減額幅はさして大きくありませんが,弁護士が介入することで,経済的な負担だけでなく精神的な負担から解放できることがAさんにとってメリットになりました。

nakamahayato