【解決事例】【離婚】不貞をしてしまった妻から依頼を受け,妻が親権を獲得して早期離婚を成立させた事例

【経緯】

依頼者:30代後半女性 会社員

相手方:30代後半男性 会社員

子ども 15歳,13歳。

依頼者である奥様の不貞が原因で,別居が開始(奥様が,子供二人と実家に帰る)。

奥様から旦那様に離婚の話をしたところ,旦那様が拒絶。交渉が難航していたところ,旦那様が弁護士に依頼して,弁護士から奥様に連絡が来た。奥様が対応を相談したいということでご相談に来られました。

【対応】

不貞をしてしまったことは,親権者の判断において決定的な要因にはならないということをお伝えし,いくばくかの金銭的負担(慰謝料)は避けられないことを想定し,親権を獲得すること,養育費をちゃんと取り決めること,を目的に定め,交渉することとしました。

相手方代理人と連絡を取り,親権,面会交流,養育費,慰謝料について協議を進めました。当初は「離婚はしない」「離婚するなら親権をもらう」という内容の旦那様の主張でしたが,粘り強く協議をすることで,3か月後に,

親権を妻とすること

面会交流は自由

養育費は算定表相当額

慰謝料200万円を分割で支払う

という内容で,協議離婚が成立しました。

【ポイント】

不貞そのものを争うことは難しい事案でしたので,

早々に,慰謝料を払う意向であることを含め誠意をもって柔軟に対応するスタンスを旦那様側に理解してもらうよう努めました。

結果,親権者を奥様とすることに合意してもらえました。

あとは細かい金額面の調整でしたので,比較的スムーズに交渉をまとめることができました。

 

nakamahayato