【不貞慰謝料】【解決事例】 不貞相手と夫の関係解消及び接触禁止の合意及び慰謝料60万円を回収した事案

【ご相談】

夫が職場の同僚女性と不貞をしてしまった。自分は妊娠中で離婚は考えられないので,夫婦関係修復に向けて動きたい。

そこで,不貞相手の女性には夫との関係を解消してほしいし,慰謝料も払ってほしい。

 

【結果】

2カ月程度の交渉を要しましたが,

関係解消及び私的接触の禁止,慰謝料60万円,夫に対する求償権放棄を内容とする合意を交わすことができました。

 

【弁護士のコメント】

慰謝料の金額にはこだわらないが,不貞関係の継続及び復活を阻止したいという方は少なからずいらっしゃいます。

本件もそのような事案でした。

相手方に対して関係解消を誓約させるためには慰謝料の一定額の譲歩が必要になることがありますが,本件では求償権を放棄させることで,依頼者の経済負担を少しでも減らすよう

尽力しました。

nakamahayato