強制認知の訴え 父親が任意で認知しない場合,母親(あるいは子)は,家庭裁判所に対して「強制認知の訴え」を提起する必要があります。(民法787条)。 この訴えにおいて,父子の生物学的親子関係が認められれば,認知の訴えが認め […]
1 離婚しても離縁されない? 結婚する相手に連れ子がいる場合,結婚と同時にその連れ子とも養子縁組をするということは多いです。 また,婿養子に入る場合,結婚相手の両親と養子縁組をすることになります。 こうした場合,養子縁組 […]
医師は会社員と比べると, ●平均年収が高い ●不動産や株式など給与以外の収入がある事が多い という特色があります。 医師が離婚する場合,これらの特色から, ①養育費・婚姻費用,②財産分与において,通常のケースとは異なる問 […]
「私立学校に通っているので養育費が足りない!塾に通っているので養育費が足りない!大学卒業まで養育費を支払って欲しい!」
子供を連れ去った相手に対して、子の引渡しの審判を申立て、その結果、子供を引き渡すように裁判官が命じた。それにもかかわらず、相手が子供を引き渡さない。 このような場合、相手から子供をどうやって取り返せばいいのでしょうか? […]
1,はじめに 今回は, ①算定表の上限を超える収入がある場合の算定方法  ②権利者の収入が義務者を上回る場合の算定方法  ③特有財産からの収入や、別居時に持ち出した財産、多額の資産がある場合の算定方法  ④義務者に債務や […]
1,はじめに 前回は、婚姻費用・養育費の基本的な算定方法を解説しました。 婚姻費用や養育費を決めるときは,収入がポイントになります。
1,はじめに 「別居はしたいけど生活費をもらえないと・・。」 「別居したら,奥さんと子供の生活費はいくら渡せばいいんだろう」 別居したが婚姻費用や養育費の金額をどのように決めたらいいのか、別居中の妻の生活費を支払っている […]
今回のブログでは、 ①親権と監護権を分けることができるのか、 ②親権者を変更できるのか ③親権者でなくなるとどうなるのか ④親権者は実際の養育者からいつでも子を引き取れるのか ⑤離婚後の子どもに関して苗字や戸籍をどうすれ […]
離婚の際には、必ず子どもの親権者を定めなければなりません。   親権者をどちらにするか協議でまとまらない場合は、調停や審判等の家庭裁判所の手続を利用することになります。 では,そもそも親権をとる,とはどういうこ […]