handshake-2056021_1920
会社経営をしている場合、サラリーマンと比べて高年収だったり、株や高価品、高級会社や保険、多額の預金など財産が多額多種類に及ぶことが多く、特に、妻が専業主婦の場合、養育費や財産分与で争いが生じることは少なくありません。 ま […]
お問い合わせ・ご予約は、当HP問い合わせフォームから(ページ右下ロゴ「ご相談はこちら」をクリック) 【オンライン相談】 ・「zoom」を利用したビデオ相談になります。 ・1回1時間程度、1万円(税別)の有料相談となります […]
強制認知の訴え 父親が任意で認知しない場合,母親(あるいは子)は,家庭裁判所に対して「強制認知の訴え」を提起する必要があります。(民法787条)。 この訴えにおいて,父子の生物学的親子関係が認められれば,認知の訴えが認め […]
離婚はできたものの日々の生活に追われ,「こんなはずじゃなかった」と後悔してしまう事があるかもしれません。 また,離婚後の生活が不安で離婚を思いとどまっている方もいらっしゃることでしょう。 しかし,各地方公共団体では,ひと […]
1,はじめに 2018年6月13日に,「成人年齢を18歳」に引き下げる民法改正案が参議院本会議で可決されました。 実際に成人年齢が18歳となるのは2022年4月1日からですが,1876年(明治9年)に成人年齢が20歳と定 […]
横浜関内・馬車道のなかま法律事務所では,サービス向上のため,ご相談いただいた方に簡単なアンケートにお答えいただいております。 3月4月のアンケート結果は以下の通りです。