強制認知の訴え 父親が任意で認知しない場合,母親(あるいは子)は,家庭裁判所に対して「強制認知の訴え」を提起する必要があります。(民法787条)。 この訴えにおいて,父子の生物学的親子関係が認められれば,認知の訴えが認め […]