強制認知の訴え 父親が任意で認知しない場合,母親(あるいは子)は,家庭裁判所に対して「強制認知の訴え」を提起する必要があります。(民法787条)。 この訴えにおいて,父子の生物学的親子関係が認められれば,認知の訴えが認め […]
離婚はできたものの日々の生活に追われ,「こんなはずじゃなかった」と後悔してしまう事があるかもしれません。 また,離婚後の生活が不安で離婚を思いとどまっている方もいらっしゃることでしょう。 しかし,各地方公共団体では,ひと […]
【ご相談】 夫が職場の同僚女性と不貞をしてしまった。自分は妊娠中で離婚は考えられないので,夫婦関係修復に向けて動きたい。 そこで,不貞相手の女性には夫との関係を解消してほしいし,慰謝料も払ってほしい。   【結 […]
【事例】 婚姻して10年で子どもがいないご夫婦でした。夫が妻に対して,束縛がひどいなどと根拠のない主張をして強く離婚を求めました。 夫は一度がんになったことがあり,奥様は献身的に看病してきましたが,それも重荷だった,管理 […]
  1,男性からの離婚相談の特徴 当事務所では,男性からの離婚相談も多く扱っております。 男性が離婚相談にいらっしゃる際によくお聞きするものとしては,以下のようなものがあります。   ①「妻に浮気がバ […]
1,モラハラとは? モラル・ハラスメント(モラハラ)とは,継続的な言葉の暴力や嫌がらせによって,相手に恐怖や継続を与えて支配することです。精神的DV(精神的暴力)ともいいます。 DVというと,一般的には身体的な暴力のイメ […]
1 離婚しても離縁されない? 結婚する相手に連れ子がいる場合,結婚と同時にその連れ子とも養子縁組をするということは多いです。 また,婿養子に入る場合,結婚相手の両親と養子縁組をすることになります。 こうした場合,養子縁組 […]
【事案】 当方依頼者:20代 女性 相手方:30代 男性(既婚) 勤務先が同じ男性と関係を持ってしまったところ,妻から慰謝料500万円を請求する内容証明が届いた。 まだ新卒で働き始めたばかりで,500万など払うお金がない […]
1,はじめに 2018年6月13日に,「成人年齢を18歳」に引き下げる民法改正案が参議院本会議で可決されました。 実際に成人年齢が18歳となるのは2022年4月1日からですが,1876年(明治9年)に成人年齢が20歳と定 […]
横浜関内・馬車道のなかま法律事務所では,サービス向上のため,ご相談いただいた方に簡単なアンケートにお答えいただいております。 3月4月のアンケート結果は以下の通りです。